« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月16日 (日)

何かと凄すぎる浦和レッズ

昨日のベガルタ仙台、ビッグクラブの浦和相手に1vs1のドロー、辛くも勝ち点1を獲得しました。Cimg5515
ワールドカップ北朝鮮代表の梁勇基、同点とした直接フリーキックにはしびれました。23人の登録に名前がないとか、何かとやきもきされていますが、あのFKを蹴れる選手は北朝鮮にはいないでしょう。大きなアピールになったと思います。

強豪相手に引き分けたものの、打たれたシュート28本。だいぶ守備に回らせられましたが、1失点に抑えた守備は評価できます。Cimg5520 問題はFW陣、もう少し効果的な動きが出来ないものか?ボランチの部分でボールを落ち着かせられないものか?。FWにくさびのボールが入りませんよね。ボランチがボール持っても前にボールを出せないので、見ていてホントヤキモキします。

それにしても浦和、すべてにおいて凄過ぎます。Cimg5512 入場待ちの待機列は仙台のサポ自待ちの列の倍はあったのではないでしょうか。どっからこんな人が現れるのか、よく大挙で押し寄せるものです。このサポーターの数、強いクラブの証しです。カラーは違うにしても、何とかベガルタもこれまで以上に盛り上げられないものでしょうか。浦和戦で24000人、ちょっと物足りない数字です。

ベガルタに関心を持ってもらうためにも、1分1秒でも長くリャンにはWCのピッチに立ってもらいたいブラジルやポルトガルのゴールマウスに直接FKをぶち込んで欲しいです。ベガルタ仙台の梁勇基、いってらっしゃい!


| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

ベガルタ仙台の選手がWorld Cup 出場へ

ベガルタ仙台、梁勇基選手がWorld Cup 北朝鮮代表に選出されました!
夢の舞台へあと1歩のところまで来ました。リャンがWorld Cup でブラジル、ポルトガルと真っ向勝負、考えるだけでワクワクします。もしかしたら日本代表の試合よりも楽しみな試合になるかもしれません。

その祝福ムードに花を添えたいところですが、今日のベガルタはいい内容ながらも名古屋に競り負けてしまいました。FW平瀬が今期初先発ながらかなり攻撃の起点になってましたし、決定期は名古屋よりも仙台のほうが多かったと思います。

今日のような試合を続けていければ、チームは再び上昇気流に乗れると思いますし、WC前のホーム宮スタでの浦和戦、なんとか勝ち点3を物にして欲しいと思います。

今日は所用で録画映像しか見ることが出来なかったのですが、今日は入場者数17000人行きましたね。入場者数はチームの生命線なので、この数字を維持できるよう関係者みんなの力で頑張って行きたいものです。

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

蕎麦が美味しいのだけは認める、山形

ベガルタ仙台サポとしては、どうしても認めたくないのがお隣の山形。

しかし蕎麦が美味しいのは認めざるを得ません。山形市にある蕎麦琳。県内産のそば粉を使っているとのこと。Cimg5500

このお店、蕎麦も美味しいが絶品なのがデザートの蕎麦プリン。これは従来からある、黒蜜ときなこ味。Cimg5502

久しぶりにお店に行ったら、あずき味が新登場。黒蜜の200円より100円高い300円。あんこの甘さがほどほどでゴマの風味とマッチしております。これマジウマー!Cimg5501

店の建物は古民家を再生したもの。昭和の光景が漂っておりなかなかな風情です。Cimg5503










| | コメント (0)

2010年5月 1日 (土)

連敗は止めた

今日のベガルタ仙台、先制はしたものの追いつかれてのドロー・・・。
組織的とはいえるか微妙ですが、守備が崩壊することはありませんでした。

収穫といえば、CBの鎌田がそこそこ安定していること、途中出場の右SB直也の攻撃にワクワク感があったこと。

攻撃の形も前よりは良くなってきてるので、次節FC東京戦はアウェイですが何とか勝ち点3を持ち帰って欲しいです。Cimg5480_2
ベガルタタクシーがスタジアムにお目見え。プリウスのカラーリングがナイスですCimg5482
ゴール裏から見た試合前のピッチ。芝が美しいです。晴れていましたが、風が冷たかったスタジアム。Cimg5486
GWのファミリージョインデーなのですが、入場者数は13000人。サポ自はそれなりに埋まっている様に見えるのですが、指定席がねー、最低4000円ってのがねー。楽天のホームゲームがあったのも痛かった。入場者数の改善策はどこにあるのか。 Cimg5490_2
セットプレーのこぼれ球に、CB鎌田のシュートで先制点。盛り上がりましたね、この瞬間は。Cimg5495
僅差ではありますがまだ8位。しばらくの間、しぶとく勝ち点を拾っていくことが大切になってきます。


| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »