« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月25日 (土)

赤嶺最高

我がベガルタ仙台はアウェイで横浜FMと対戦、しぶとい守備で1vs0の完封勝利、かなーーーーーーり大きい勝ち点3を獲得しました。

こんなFWが欲しかった、赤嶺真吾、なんとも頼もしいFWです!Cimg6156 シュートを確実に枠に飛ばせてますし、クロスへ飛び込むタイミングが実に絶妙ですね。なんでこんな良い選手をFC東京は出したのでしょうか?実に不思議です。

これで勝ち点を27まで積み上げたベガルタ仙台。残留の目安である35まで2勝2分け6敗でOK。16位のFC東京と勝ち点差6の2ゲーム差。何とかなりそうな数字に近付きましたね。横浜と名古屋のアウェイで勝ち点1がいいところか?と思っていましたので、本当に棚ボタの1勝でした。Cimg6152
書いてる最中にJAGSに赤嶺登場!Cimg6164 なんともかっこよく見えるではありませんか!野々村さんからは「次々節東京戦に出れるの?」と突っ込まれる始末。苦笑いの赤嶺選手でありましたw

この顔見たら思いました。沖縄いきてーーー!

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

我らのスーパースター梁勇基

我がベガルタ仙台はホーム宮スタでモンテディオ山形と対戦、2vs0で完封勝利、見事みちのくダービーを制するとともに、順位も13位までジャンプアップしました。Cimg6143
試合前、どうも勝てる気がしませんでした、良くて引き分けかと。でも勝つとしたら、リャンが決めるような予感みたいな物がありました。Cimg6134
前半のゴール前の直接FK、ニアに蹴って入るような予感がしました。予感どおり、ニアに直接決めてくれました。後半ゴール前の45度の角度でリャンがボールを持った瞬間、右足に切り替えしてコントロールショットを決めるような予感がしました。予感どおりゴール右隅に、リャン決めてくれました。Cimg6140
決してほめられる様な試合内容ではなく、相変わらずイライラする内容でしたが、我らのスーパースター、リャン・ヨンギが見事な仕事をしてくれました。Cimg6144
内容よりも勝ち点3を得ることが大事。それもダービーを制しての勝ち点3。降格圏内から脱出するための勝ち点3。とても満足です。Cimg6138
山形のサポーターもたくさん集まってのみちのくダービー、26000人。できれば3万人は欲しかったですが。Cimg6137
まだまだ安心できる位置ではありませんが、ダービーに勝ち、山形の背中が見える順位に追い上げたので、かなり息を吹き返したと思います。たくさんのサポーターの後押しのもと、残り試合なんとか頑張って欲しいものです。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »