« 2010年11月 | トップページ

2010年12月31日 (金)

温泉で年越し

大晦日を遠刈田温泉で過ごしています。Cimg6389_2
完璧なまでのおもてなし、旅館大忠。

雰囲気よし、温泉よし、食事よし、サービスよし。
何度来ても期待を裏切りません。
おまけに11時には、年越し蕎麦を客室に持ってきてくれるようです。
一年間、いろいろと気苦労がありましたが、嫌な事を忘れさせてくれる癒しの空間です。

Cimg6392

来年も何とか頑張ってみようかと。

| | コメント (5)

2010年12月20日 (月)

闘魂注入

ベガルタ仙台の補強(噂)話、なかなか新加入選手が決まらずヤキモキします。ヤナギサワ、ヤマセ、カクタ、この辺の名前がスポーツ紙から配信されていますが、闘魂注入の意味ではマツダナオキってのもありかもしれません。(彼の怪我の状態にもよりますが)

ベガルタ仙台に足りないのは闘将タイプの選手。リャンは素晴らしいキャプテンですが、言葉よりも背中で引っ張るタイプ。その点マツダナオキには仙台の選手にはない”戦うスピリッツ”を感じます。

| | コメント (2)

2010年12月19日 (日)

年間チケット更新

今シーズンのベガルタの戦いも終わり、なかなかワクワクするような補強話も進まないのですが、とりあえず年間チケットを更新しました。Cimg6360あいかわらずお得感は少ないのですが、それでも去年とは違う点があります。

①来年の年チケ購入者はファンクラブ会費を払うことなく会員特典受けられること。

ファンクラブ会費、我が家では特に見返りを求めず”御布施”代わりに毎年会費を払っていましたが、来年はこのお布施を納めずに済むことになりました。

②年間チケットの代金をクレジットカードで支払うことが出来るようになったこと。

サポ自2枚で8万円以上の支払いをするわけで、この分のクレカポイントを獲得することが出来ます。ちょっとだけ嬉しい話。

ベガルタの年間予算、入場料収入が非常に大きなウエイトをしめています。たいしたメリットはありませんが、少しでも足しになればと年チケ買ってしまうのであります。

来年はJ1二年目のジンクスの年。石にかじりついても残留を果たさねばなりません。今年味わったように、J1はかなーり厳しいステージ。ちょっとでも歯車が崩れると、あのFC東京でさえ降格するのですから。

しっかりと身のある補強をしてもらって(ただし無駄遣いはせずに)、安心して見てられる試合を少しでも増やしてほしいと思います。(山瀬こねーかなー、でも高そうw)

| | コメント (1)

2010年12月 4日 (土)

ようやく・・・

ベガルタ仙台、最終戦でようやく残留確定、最後の最後までやきもきさせてくれましたよ。最終戦は超満員のスタジアム。0対1で敗北寸前の流れで、ロスタイムに広大が同点ゴール!しびれましたねー、ドラマチック仙台劇場。P1000701_2
携帯で他会場の試合を気にしながらの観戦。得失点差で断然有利とはいえ、後半神戸3対0浦和の展開には、正直ビビリましたねー。そしたらなんとFC東京が京都に2点差で負けてるではありませんか。最後の最後までわからない物ですね。P1000708
今年の最低限の目標であり至上命題でもあるJ1残留。
また来年J1の舞台で戦えることにホッとしております。苦労して上がってきましたからねJ1に。

試合後は今年限りで引退する直樹、平瀬の引退セレモニーがありました。P1000716 二人の挨拶ともどもカッコよかったー。そして涙・・・。彼らの活躍は、ベガルタ仙台の一時代にしっかりと刻みこまれたことでしょう。本当にありがとう、お疲れ様といいたいです。P1000734はやくも来期のチーム構成が気になるわがベガルタ仙台。今年浮き彫りになった課題をしっかりと踏まえて、間違いのない方向に進んでいってもらいたいです。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ