2008年2月11日 (月)

湯の沢温泉(青森県)

碇ヶ関インターのそばに湯ノ沢温泉郷がある。
私が温泉を選ぶ場合、だいたい人様のブログやwebサイトを参考にする。Cimg2144
Cimg2143








3件ある温泉のうち、一番手前が「でわの湯 湯の沢山荘」
上の写真左が浴場。

お湯は結構熱めだが、温泉臭くていいー感じです。
浴槽も木で縁が出来ており、床は析出物で不思議な模様になっている。
Cimg2145Cimg2146









Cimg2149 石鹸はないが洗い場はあり。









Cimg2148_3
湯量はほどほどだが、源泉掛け流し。
飲用可能だが味はまずい(当然か)。
塩分もかなりあり。






玄関は昔ながらの宿の玄関(形容が難しいw)。懐かしいのがダイヤル式のピンク電話。
                                                  Cimg2152
Cimg2151














宿泊棟。Cimg2153    



     






2件目は、なりや温泉。Cimg2155         Cimg2154_2  








こちらはタイルの銭湯風の浴槽。男女別と混浴があり、混浴のほうに入りました。雰囲気はいまいちだが、温泉はホント濃いです。2件目でタオルが雑巾のようになる。
1件目で十分ゆでだこ状態なので、ほどほどに入浴。

3件目は秋元温泉。疲れるのでこの日はやめました(苦笑)。Cimg2156








 

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

嶽温泉 山楽

岩木山のふもと、嶽温泉 山楽。Cimg2159

ちいさな温泉宿に、日帰り入浴で400円。

嶽温泉の何件かある温泉宿は、嶽温泉の源泉を共有しているとのこと。

やや青みかかった乳白色の硫黄臭のする泉質。


Cimg2161 まずは混浴の露天風呂へ。源泉の温度が45度くらいだろうか、この季節の露天としては温度が低めになるため、ところどころ発泡スチロールの板を浮かべている。

雪景色を眺めながらの露天風呂は最高です。お湯の投入口のところで何とかあったまりました。浴槽も木で作られていてなかなかの雰囲気。

ラッキーなことに私とマネージャー以外に入浴者はいなく、貸切状態!混浴とはいえ、男女の脱衣所は別々で、中に入ると仕切りがあるため、女性でも入りやすいでしょう。色も白く濁っていますし。
Cimg2164
男女別の内湯は調度良い温度で暖まります。浴槽が青っぽく見えますが、実は水色のペンキを塗っています。ちょっと残念。でも雰囲気はまずまず。ここも貸切状態で入れました。

Cimg2158 行った日はまずまずの天気で岩木山もきれい見れました。弘前市内からやく30分。行ってよかったと思える温泉でした。

| | コメント (0)